• ¥600

発行者による作品情報

地方への転勤辞令が出た青野雅人は、恋人の佐知子から意外なことを打ち明けられた。付き合い出すずっと前、高校生のときに二人は出会っていたという。彼は、甲子園の常連・京浜高校の補欠野球部員だった。記憶を辿るうち――野球漬けの毎日、試合の数々、楽しかった日々、いくつかの合コン、ある事件、そして訣別。封印したはずの過去が甦る。青春スポーツ小説に新風を注いだ渾身のデビュー作。

ジャンル
小説/文学
発売日
2011
6月30日
言語
JA
日本語
ページ数
368
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
865.5
KB

カスタマーレビュー

嘉手苅 武志

高校野球最高。

野球してなかったけど、甲子園とかは好きで毎年見てます。

まさにこんな感じなんだろうな〜ってイメージしながら読みきりました。
是非野球名門校出身者に読んでもらい感想を聞いてみたいです。

kuma あめじ

最高‼︎

ハードカバーも持ってて何度も読み返す大好きな作品です。

早見和真の他のブック