オーデュボンの祈‪り‬

    • 4.1 • 97件の評価
    • ¥700
    • ¥700

発行者による作品情報

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか? 伊坂幸太郎、伝説のデビュー作見参!

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2003年
12月1日
言語
JA
日本語
ページ数
464
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
1.4
MB

カスタマーレビュー

アントキノ俺

懐かしい

高校生のときに初めて読んだ伊坂先生の小説。
個性的なキャラクターと巻き起こる事件。収束と結末の意外性が私にはとても新鮮で、好印象を与えてくれました。
思い出の一冊なので電子化はとても嬉しいです。

色々読んだ中でも衝撃度には欠ける気がするので星4ですが読みやすさや入りこみやすさはあるのでおすすめです。

やまトン

爽やかな話です

10年ぶりに、電子書籍で読みました。
すっかり内容を忘れてしまってたのか、初めて読んだ時のような思いで読めました。
昔の感想は忘れましたが、やはり面白い。
不思議でいて、爽やかで、登場人物も特徴的で、、、
あっという間に読み切れると思います。おすすめです。

らきむ(アーニーの友達)

最高だ

優午がいるなら仲良くなりたかったなあ

伊坂幸太郎の他のブック

2007年
2017年
2008年
2006年
2013年
2013年

カスタマーはこんな商品も購入

2011年
2000年
2010年
2017年
2008年
2002年