• ¥730

発行者による作品情報

「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。それぞれの思惑のもとに――「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説!

ジャンル
小説/文学
発売日
2007
6月23日
言語
JA
日本語
ページ数
289
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1.5
MB

カスタマーレビュー

s19820121

とても

最高でした。
すぐにマリアビートルを購入しますp(^_^)q

not.h

一度は読むべき

サクサク読めました
キャラクターがそれぞれ面白く、殺すときの描写が丁寧で面白かったです

ハムスターキャット

いまいち

オチがイマイチ

伊坂幸太郎の他のブック