発行者による作品情報

明治時代のは日本の小説家有島武雄。『カインの末裔』は底本の「「カインの末裔 クララの出家」岩波文庫、岩波書店」では「文学・古典」としてまとめられている。本書で登場するのは、「(弟一~七)」」などが収録されている。初出は「新小説」1917(大正6)年7月号。

ジャンル
小説/文学
発売日
1921
7月2日
言語
JA
日本語
ページ数
62
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
57.9
KB

有島武郎の他のブック