発行者による作品情報

明治時代のは日本の小説家有島武雄。『或る女』は底本の「「或る女 前編」岩波文庫、岩波書店」では「文学・評論」としてまとめられている。本書で登場するのは、「(弟一~五)」」などが収録されている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1915
1月1日
言語
JA
日本語
ページ数
269
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
213.6
KB

カスタマーレビュー

わんぱくや

おもしろい!

昼ドラを見てるみたいな、気分になります。
文章も読みやすいです。
後半が楽しみ。

有島武郎の他のブック