タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か‪?‬

    • 4.0 • 3件の評価
    • ¥1,000
    • ¥1,000

発行者による作品情報

タモリをもっと知りたくて。

デビュー時から現在までの、タモリの様々な発言やエピソードを丹念に読み解き、

その特異性と唯一無二の魅力に迫る。

親しみ深くて謎の多い、孤高の男の実態とは。



タモリは過去や未来にこだわることの不毛さに対し、若い時から(あるいは幼少時から)問題意識を持ち、考えぬいた末に「現状を肯定する」という生き方を選択した。いかに執着を捨て、刹那的に生きることを選べるか。その実践として、「タモリ」がある。(本文より)



【目次】

序 タモリにとって『いいとも』終了とは何か

1 タモリにとって「偽善」とは何か

2 タモリにとって「アドリブ」とは何か

3 タモリにとって「意味」とは何か

4 タモリにとって「言葉」とは何か

5 タモリにとって「家族」とは何か

6 タモリにとって「他者」とは何か

7 タモリにとって「エロス」とは何か

8 タモリにとって「仕事」とは何か

9 タモリにとって「希望」とは何か

10 タモリにとって「タモリ」とは何か

巻末 大タモリ年表

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2022年
2月8日
言語
JA
日本語
ページ数
320
ページ
発行者
イースト・プレス
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
3
MB

カスタマーレビュー

俺の背中

説得力ピカイチ

 

戸部田誠(てれびのスキマ)の他のブック

2017年
2018年
2019年
2017年
2022年
2022年