発行者による作品情報

『フランダースの犬』は、イギリスの作家ウィーダが19世紀に書いた児童文学であり、美術をテーマとした少年の悲劇として知られる。この作品は底本の「小学生全集26」では「小説・物語」としてまとめられている。この小説には、ネロとパトラッシュの愛と感動の話。

ジャンル
小説/文学
発売日
1933
5月24日
言語
JA
日本語
ページ数
58
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
41.5
KB

カスタマーレビュー

柏の葉

テレビで見た

子供の頃テレビで見ました。本で読み、またまた涙が…。

Royal元Giala_nkgw

好きな一冊

手元にハンカチを。

塩化アンモニウム

無題

とてもうつくしいお話だと思います.
純粋できれいな気持ちで読みました.

マリー・ルイーズ・ド・ラ・ラメー & 菊池寛の他のブック