• ¥100

発行者による作品情報

編集者の私は、予備校時代を過ごした仙台を30年ぶりに訪れ感傷的になっていた。ハードロックとギターに明け暮れていた浪人時代、レコードを聴きたくて授業をサボって通った国分町のロック喫茶。それがいま目の前にある。まさかこの店が残っていたとは…。タイムスリップしたような錯覚を覚えながら、片想いの“彼女”を思い出しハッとする。閉じていた心の引き出しが開いた瞬間だった。これは「忘れられない香り」の記憶をテーマとして競作されたアンソロジーの一篇です。

ジャンル
小説/文学
発売日
2011
10月10日
言語
JA
日本語
ページ数
24
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
166.7
KB

熊谷達也の他のブック