• ¥580

発行者による作品情報

夏休みも終わった9月。清貴は、最後の修業先である「小松勝也探偵事務所」で働き始めた。相棒は、なんと永遠のライバル、円生。最初の依頼は「私を殺した人物を知りたいんです」という奇妙なものだった。同じ頃、祇園では、舞妓へのストーカーと祗園の幽霊騒動が起きていた――小松と円生、清貴の、なんだか危うい3人組が、事件解決のために、京都の街をところ狭しと駆け回る! 大人気シリーズ、最新作。

ジャンル
小説/文学
発売日
2019
7月11日
言語
JA
日本語
ページ数
203
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
4.9
MB

望月麻衣の他のブック

このシリーズの他のブック