• ¥660

発行者による作品情報

薄明の小樽港に女の漂流死体。取材旅行の途次、死体を発見した名探偵(ルポ・ライター)浅見光彦と、偶然事件に巻き込まれたOL津田麻衣子は、独自の捜査を開始した。さらに被害者の妹も不審な自殺。二つの死体には黒揚羽蝶が残されていた。蝶の謎を追い、浅見と麻衣子は信州・安曇野を訪れるが、そこには……? 旅情と本格推理の見事な融合(ブレンド)。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
1989
4月20日
言語
JA
日本語
ページ数
263
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
1.1
MB

内田康夫の他のブック