• ¥440

発行者による作品情報

あたし、大西葵13歳は、人をふたり殺した……。夏休みにひとり。それと、冬休みにもうひとり。あたしはもうだめ。ぜんぜんだめ。少女の魂は殺人に向かない。誰か最初にそう教えてくれたらよかったのに。だけどあの夏はたまたま、あたしの近くにいたのは、あいつだけだったから――。これは、ふたりの少女の凄絶な《闘い》の記録。直木賞受賞作家が『私の男』に先駆け、過酷な運命に翻弄される少女の姿を鮮烈に描いた慟哭の傑作!

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2007
12月28日
言語
JA
日本語
ページ数
176
ページ
発行者
東京創元社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
2.3
MB

桜庭一樹の他のブック