弱者の戦‪略‬

    • 4.6 • 5件の評価
    • ¥1,000
    • ¥1,000

発行者による作品情報

海洋全蒸発や全球凍結、巨大隕石の衝突など、地球環境が激変しても多くの生命はしぶとく生き残り続けてきた。そして今でも、強者ではない動植物などはあらゆる方法で進化し続けている。群れる、メスを装う、他者に化ける、動かない、目立つ、時間をずらす、早死にするなど、ニッチを求めた弱者の驚くべき生存戦略の数々。

ジャンル
科学/自然
発売日
2014年
6月27日
言語
JA
日本語
ページ数
125
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
2.4
MB

カスタマーレビュー

まさきみあ

生きるためのヒント

当たり前だと思われてきた世間の万物の成長や形態、実は生きるためにさまざまな工夫をして進化してきたのである。「強い」と「弱い」という対なる概念は、相対的であって、「地表最強」というのは本当に存在するはずがないだろう。適者生存、つまりある土地に馴染むために自分の一部を犠牲することより、自分に合い、快適に生きられる場所に行く努力をするほうがよほど楽しく、価値があると思う。たとえ今は弱小で厳酷な環境でしか居場所がいなくても、才能と努力を積み重ねることで、いずれ芋虫でも羽化し、蝶に成り空に舞うのだ。

稲垣栄洋の他のブック

2019年
2016年
2018年
2018年
2022年
2016年

カスタマーはこんな商品も購入

2003年
2018年
1918年