• ¥710

発行者による作品情報

私は子供を捨ててもいいと思ったことがある――。

衝撃のラストが議論を呼んだ直木賞受賞作。


野心家の元刑事・内海も、苦しみの渦中にあった。

ガンで余命半年と宣告されたのだ。


内海とカスミは、事件の関係者を訪ね歩く。

残された時間のない内海は、真相とも妄想とも夢を見始める。

そして二人は、カスミの故郷に辿り着いた。


真実という名のゴールを追い続ける人間の強さと輝きを描き切った最高傑作!


解説・福田和也


※この電子書籍は1999年4月に講談社より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

ジャンル
小説/文学
発売日
2004年
12月10日
言語
JA
日本語
ページ数
304
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.8
MB

桐野夏生の他のブック

このシリーズの他のブック