• ¥730

発行者による作品情報

生きること、老いることの意味。現代はそういう問いを抱え込んでいる。<わたし>が他者の宛先でなくなったとき、ひとは<わたし>を喪う。存在しなくなる。そんな現代の<いのち>のあり方を滋味深く綴る哲学エッセイ。

ジャンル
小説/文学
発売日
2008
12月25日
言語
JA
日本語
ページ数
193
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
736.8
KB

鷲田清一の他のブック