• ¥880

発行者による作品情報

死に至る病とは絶望のことである、と、かつて哲学者キルケゴールは書いた。絶望とは神を信じられないことを意味した。だが今日、死に至る病の正体は、「親の愛さえも信じられない」こと、つまり「愛着障害」に他ならない――。現代に突如現れた、治療困難な数々の心身の障害の背景にある、共通の原因とは。ベストセラー『愛着障害』の著者が、渾身の思いを込めて、今我々が直面する「生存を支える仕組みそのものの危機」を訴える。

ジャンル
職業/技術
発売日
2019年
9月30日
言語
JA
日本語
ページ数
183
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
3.6
MB

岡田尊司の他のブック

2011年
2013年
2012年
2013年
2013年
2019年

このシリーズの他のブック

2016年
2013年
2011年