• ¥150

発行者による作品情報

日本の探偵小説界に大きな足跡を残した江戸川乱歩の短編三本を収録。気弱な男が若い事務員に告白したいがとても勇気が無い。男がとった行動は……「算盤が恋を語る話」。たけしくんの家の近くにふしぎな人が住んでいました。いろいろな魔法が使えます。しかし本当は二十面相だったのです。名探偵明智小五郎との対決「ふしぎな人」。変態性癖の郷田の趣味は天井裏から他人の生活を覗いてまわることでした。ある夜天井裏から毒を垂らし男を殺してしまいます。奇想天外な殺人方法に誰しも自殺を疑わない。完全犯罪を成し遂げたかと思ったとき、明智小五郎が登場する。「屋根裏の散歩者」※読みやすくするため現代の言葉に近づけてますが、作品の性質上、そのままの表現を使用している場合があります。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2016年
12月1日
言語
JA
日本語
ページ数
131
ページ
発行者
オリオンブックス
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1.2
MB

江戸川乱歩の他のブック

このシリーズの他のブック