発行者による作品情報

『犬を連れた奥さん』は、明治時代初期にかけて活躍したロシアを代表する劇作家であり、短編小説家、アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフの短編。この作品は底本の「「可愛い女・犬を連れた奥さん 他一篇」岩波文庫、岩波書店 」では「ロシアの小説」としてまとめられている。本書は、若き日のゴーリキーに「リアリズムに最後のとどめをさすもの」といわしめた作品。

ジャンル
小説/文学
発売日
1944
10月12日
言語
JA
日本語
ページ数
34
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
33.6
KB

アントン・チェーホフ & 神西清の他のブック