発行者による作品情報

本は「茶の花」「柿」「楢の葉」と小段を分けており、「茶の花をじっと観ていると、私は老を感じる。人生の冬を感じる。」といった具合に、それぞれについて山頭火の思う描くイメージが素朴に語られている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1977
9月26日
言語
JA
日本語
ページ数
23
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
36.8
KB

種田山頭火の他のブック