輪違屋糸里(上‪)‬

    • 4.0 • 10件の評価
    • ¥630
    • ¥630

発行者による作品情報

新選組局長・芹沢鴨はなぜ殺されたのか? 近藤勇ら試衛館派と芹沢鴨ら水戸派の間で対立が深まっていた、新選組と呼ばれる前の壬生浪士組。京都・島原の置屋「輪違屋(わちがいや)」の芸妓・糸里は、姉のような存在の音羽太夫を芹沢に無礼討ちにされ、浪士達の抗争に巻き込まれていく…。土方歳三を慕う糸里、芹沢の愛人・お梅ら新選組に関わる運命を背負った女たちの視点から、激動の時代のうねりを描く。大ベストセラー『壬生義士伝』に続く“浅田版”新選組、第二弾!

ジャンル
小説/文学
発売日
2007年
3月10日
言語
JA
日本語
ページ数
366
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
2.4
MB

浅田次郎の他のブック

2012年
2001年
2002年
2004年
2013年
2013年

カスタマーはこんな商品も購入

2009年
1971年
1971年
1971年
1971年
1973年

このシリーズの他のブック