遺‪訓‬

    • 3.5 • 2件の評価

発行者による作品情報

武士(薩摩藩士)・軍人・政治家で、維新の三傑にも数えられる西郷隆盛のエッセイ。初出は「南洲翁遺訓」[秀英社、1890(明治23)年]。「南洲翁遺訓」は旧庄内藩の関係者が西郷から聞いた話をまとめたもの。構成は、本文四十一則、追加、補遺まで合せても五十三則という短いものであるが、その内容は人倫を説き、学問について述べ、あるいは政治のあるべき姿を明確に指摘している。

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
1889年
12月31日
言語
JA
日本語
ページ数
16
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
22
KB

西郷隆盛の他のブック

1943年
1943年
1943年
2017年
2019年
2018年

カスタマーはこんな商品も購入

2015年
2012年
2013年
2013年
1888年
1973年