発行者による作品情報

近代日本の代表的な啓蒙思想家、教育者である福沢諭吉の最も代表的な著作。「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり」という著名な一文で始まる本作は万人の平等を主張し,学問を重んじ自由独立の精神を養うことを説いている。日本における近代的、合理主義的な人間観、社会観、学問観の萌芽が見られる名作。

ジャンル
職業/技術
発売日
1872
1月31日
言語
JA
日本語
ページ数
154
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
123.2
KB

カスタマーレビュー

おさか22

有名だけど

読めるけれど読みにくい…
言いまわしというか、昔の文学だなーって感じです。
そして長い…

読みにくいのは馬鹿だからなんだけれど><。

おつもり!さんと気があう人

さすが!

やはりこの本はすごいですよね!
私も子供の頃に読んだことがあるのですがやはりいつ読んでもいい本ですよね!

ノース8

難しい内容f^_^;

本が欲しくなりました(^ー^)ノ

福沢諭吉の他のブック