• ¥530

発行者による作品情報

「私は邪魅の雫に吸われてしまったようだ」。江戸川、大磯に続き平塚でも毒殺死体が発見された。犯行に使われた毒物が、特殊なものではないかと考えた青木は京極堂の元を訪ねる。その正体について京極堂は静かに語り始めた。だが、更なる惨劇の幕が落とされる。「人はどうして邪なものの方に魅せられるのか」。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2013
12月19日
言語
JA
日本語
ページ数
317
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
2.1
MB

京極夏彦の他のブック

このシリーズの他のブック