• ¥360

発行者による作品情報

その昔、薄倖の女が首を縊った忌まわしき旧法眼邸。明治から戦前まで盛隆を極め、“病院坂”という地名にまでなった大病院の屋敷跡であった……。本條写真館の息子直吉は、ある晩そこで奇妙な結婚記念写真を依頼された。住む人もない廃屋での撮影は、不吉な出来事を暗示しているようであった。数日後、再び撮影で屋敷を訪れた直吉は、そこに鮮血を滴らせ風鈴の如くぶら下った男の生首を発見するが……!?

カバーイラスト/杉本一文

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
1978
12月15日
言語
JA
日本語
ページ数
341
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1.4
MB

カスタマーレビュー

うなっちょあちょ-

大好きです(≧∇≦)

昔から何度も読み返している「金田一耕助」シリーズ。
飽きません、すごいっ!!

横溝正史の他のブック

このシリーズの他のブック