JR上野駅公園‪口‬

    • 3.4 • 62件の評価
    • ¥660
    • ¥660

発行者による作品情報

一九三三年、私は「天皇」と同じ日に生まれた――東京オリンピックの前年、出稼ぎのため上野駅に降り立った男の壮絶な生涯を通じ描かれる、日本の光と闇……居場所を失くしたすべての人へ贈る物語。

ジャンル
小説/文学
発売日
2017年
2月7日
言語
JA
日本語
ページ数
184
ページ
発行者
河出書房新社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
761.5
KB

カスタマーレビュー

こくなし

本当に家を出ざるを得なかったのか。

非常に馴染み深い上野公園と福島県浜通りが舞台。
章分けがなく、生い立ちと現在とがコロコロ転換して読みづらく感じましたし、何より最後のバッドエンドが分かりきっているだけに読み進めるのに躊躇してしまいました。
運が悪かったというより、ホームレスになったのはその選択を自ら選んだとしか思えないため、何とかなったんじゃないかと思わざるをえません。なんとも。

柳美里の他のブック

1999年
2019年
1999年
2016年
1999年
2015年

カスタマーはこんな商品も購入

2020年
2015年
2020年
2011年
2018年
2019年