• ¥1,800

発行者による作品情報

これから一人だけ誰かを殺す。自然死にしか見えないかたちで――。

斯界の権威・光崎に宛てた犯行予告。悪意に潜む因縁とは!?



斯界の権威・浦和医大法医学教室の光崎藤次郎教授がテレビ番組に出演した。日本の司法解剖の問題点を厳しく指摘し、「世の中の問題の九割はカネで解決できる」と言い放つ。

翌朝、放送局のホームページに『親愛なる光崎教授殿』で始まる奇妙な書き込みが。それは、自然死に見せかけた殺人の犯行予告だった。

早速、埼玉県警捜査一課の古手川刑事とともに管内の異状死体を調べることになった助教の栂野真琴は、メスを握る光崎がこれまでにない言動を見せたことに驚く。

光崎は犯人を知っているのか!? やがて浮かび上がる哀しき“過ち”とは……?

死者の声なき声を聞く法医学ミステリー「ヒポクラテス」シリーズ、慟哭の第4弾!

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
5月12日
言語
JA
日本語
ページ数
253
ページ
発行者
祥伝社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
2.4
MB

中山七里の他のブック

このシリーズの他のブック