• ¥600

発行者による作品情報

狂躁の季節が来た。長州藩はすでに過激派の高杉晋作をすら乗り越え、藩ぐるみで暴走を重ねてゆく。元治元(1864)年七月に京へ武力乱入するが会津藩勢らに敗北、八月には英仏米蘭の四カ国艦隊と戦い惨敗……そして反動がくる。幕府は長州征伐を決意し、その重圧で藩には佐幕政権が成立する。が、高杉は屈せず、密かに反撃の機会を窺っていた。

ジャンル
小説/文学
発売日
2003
4月10日
言語
JA
日本語
ページ数
311
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
671.8
KB

司馬遼太郎の他のブック

このシリーズの他のブック