• ¥600

発行者による作品情報

動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し。高杉晋作はわずか八十人で兵を挙げ、長州藩のクーデターを際どく成功させる。幕府は慶応二(1866)年、長州藩を圧し潰そうと天下の兵を糾合し、藩の四方から進攻するが、時運はすでに移り変わっていた。維新の曙光をその目に認める高杉。しかし彼は肺を病んでいた――。『世に棲む日日』最終巻。

ジャンル
小説/文学
発売日
2003
4月10日
言語
JA
日本語
ページ数
316
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
742.1
KB

司馬遼太郎の他のブック

このシリーズの他のブック