八咫烏シリーズ外伝 ふゆのこと‪ら‬

    • ¥200
    • ¥200

発行者による作品情報

※こちらの電子書籍は2021年4月26日発売の単行本『烏百花白百合の章』に収録している全8篇のうち、2番目の短篇を電子化したものです。


北領風巻郷の郷長一族の末っ子・市柳は、「風巻の虎」と名乗り、同じような年頃の郷民と徒党を組んで遊びまわっていた。将来を決めかねる市柳だったが、立場も年齢も似ている垂氷郷の雪哉が、若宮の側仕えになると聞いて複雑な心境に。そのような中、北領の少年達が一堂に会する武術大会が開催される。第四巻「空棺の烏」で触れられた、市柳と雪哉の因縁をひもとくエピソード。

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
4月26日
言語
JA
日本語
ページ数
23
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
2
MB

阿部智里の他のブック

2018年
2020年
2019年
2019年
2022年
2021年

このシリーズの他のブック

2021年
2021年
2021年
2021年
2021年
2021年