発行者による作品情報

明治時代のは、日本の小説家太宰治。『冬の花火(―――三幕)』は底本の「「太宰治全集8」ちくま文庫、筑摩書房」では「文学・評論」としてまとめられている。本書で登場するのは、「第一幕、第二幕、第三幕」などが収録されている。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
1993
4月26日
言語
JA
日本語
ページ数
38
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
32.8
KB

太宰治の他のブック