凱旋‪祭‬

発行者による作品情報

「凱旋祭」は明治後期から昭和初期に活躍した小説家、泉鏡花の短編小説。この作品は底本の「鏡花全集 第三巻」では「小説・物語」としてまとめられている。日清戦争の勝利を記念する凱旋祭の盛況を伝える書簡形式。市民の狂喜の影に、戦死した少尉の妻が群衆の犠牲となってしまう世俗への痛憤を込めた作品。

ジャンル
小説/文学
発売日
1897年
4月30日
言語
JA
日本語
ページ数
11
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
19.2
KB

泉鏡花の他のブック

1900年
1895年
2017年
1999年
1999年
1911年

カスタマーはこんな商品も購入

2015年
2015年
2015年
2015年
1910年
2013年