発行者による作品情報

『外科室』は、日本の小説家泉鏡花。この作品は底本の「「高野聖」角川文庫、角川書店」では「日本の小説・文芸」としてまとめられている。初出は「文芸倶楽部」1896(明治29)年11月。

ジャンル
小説/文学
発売日
1895
5月31日
言語
JA
日本語
ページ数
15
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
17.8
KB

カスタマーレビュー

awa1212kla

初めて読んだ泉鏡花作品

綺麗すぎてどきっとした…観念小説ではあるけど、恋愛小説として読んでもいいと思う。

はじめ、文語体で書かれてるから読みにくいかなあと思ったけど、こちらの作品は短いし、そんなこと感じさせないぐらい読み進める手が止まらなかった。
普段小説も読まないし、まして文豪作品なんてほぼ触れたことがなかったんですが…こちらをきっかけに泉鏡花作品にハマりました。

泉鏡花の他のブック