十津川警部 さらば越前海‪岸‬

    • 4.0 • 4件の評価
    • ¥570
    • ¥570

発行者による作品情報

ロボット開発に関わる二人の死の真相を暴け。

昭和精密機械の技術者、早川啓介の遺体が東尋坊で発見された。旅館には遺書が残されていたが、父親の雄介は息子の死に疑問を抱く。人型ロボット開発の中心人物として仕事は充実しており、プライベートでも悩んでいる様子はなかった。雄介は、退職間近の会社を辞め、息子の死について調べ始める。
ついで、浅草のビルから飛び降りたと思われる若い女性の死体が発見される。亡くなった北川愛は工業デザイナーで、「啓介さん、ごめんなさい」という遺書めいたメモが、早川の名前とともに残されていた。そして、北川は啓介が関わっている人型ロボットのデザインを担当していることが判明した。
調べを進めるうちに、十津川警部は、ロボット開発を巡っての人間関係のきしみがあったことを突き止める。
さらに東尋坊で啓介に声をかけたと思われる女性を、父の雄介が見つけたと連絡してきた。
果たして二人の死の真相とは?

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2014年
6月11日
言語
JA
日本語
ページ数
240
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
3.2
MB

西村京太郎の他のブック

2003年
2001年
2006年
2014年
2013年
1991年

このシリーズの他のブック

2013年
2011年
2003年
2008年
2018年
2009年