十津川警部 南風の中で眠‪れ‬

    • 5.0 • 1件の評価
    • ¥540
    • ¥540

発行者による作品情報

殺人請け負いグループの暴挙を暴け!

ファミリーレストランチェーンの社長・岡崎秀明が誘拐された。犯人は、身代金を要求することもなく、岡崎に相応の請け負い料を支払ってもらえれば、敵対する人物を消してみせると持ちかける。悪魔のささやきを聞いてしまった岡崎は、男に言われるがままに一億円を振り込んでしまう。程なく、白石検事と部下が事故死した。そのとき、特急「南風」に乗っていた岡崎には、アリバイがあった。
数日後、十津川警部を訪ねてきた藤田検事は、白石が岡崎の不正経理を追求し告発する予定だったことを伝えた。
そして、岡崎には白石殺害に関わった男からまた連絡が入る。それは、ある男と高尾山に登って欲しいというものだった。すでに殺人に関与してしまった岡崎には、自分の意志など通じなかった。
さらに、大病院の院長の自殺、有名女優の毒物死にも、請け負い殺人グループが関わった疑いが!
十津川警部は、奴らの書体を暴くことが出来るのか?

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2018年
4月11日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
1.2
MB

西村京太郎の他のブック

2003年
2001年
2006年
2014年
2013年
2009年

カスタマーはこんな商品も購入

このシリーズの他のブック

2013年
2011年
2014年
2008年
2003年
2009年