妹さえいればいい。8

    • 4.7 • 29件の評価
    • ¥610
    • ¥610

発行者による作品情報

土岐健次郎、切腹……!?

年が明け、『妹のすべて』のアニメ化発表が着々と近づいていたある日、なにげなくエゴサーチをした伊月が見たものは「妹すべ、アニメ化決定!」という新刊の画像付きツイートだった。その画像の出所はなんとギフト出版の公式サイトで……。伊月やアニメ関係者からの信用を失ったGF文庫編集部が放つ、起死回生の一手とは……!? 伊月や土岐がアニメに翻弄される一方で、春斗や京、他の新人作家たちの物語も進んでいき、千尋の心にも大きな変化が訪れて――。
動き続ける青春ラブコメ群像劇、第8弾登場!!

※「ガ報」付き!

※ガガガ10周年電子特典!シリーズ既刊すべてのカバーイラスト付き!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

ジャンル
小説/文学
発売日
2017年
9月25日
言語
JA
日本語
ページ数
232
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
35.8
MB

カスタマーレビュー

あわはかまわはあ

おもしろかった

エロ要素強くて、気づいたら一気に読んでしまいました。

平坂読 & カントクの他のブック

2015年
2015年
2016年
2016年
2013年
2017年

このシリーズの他のブック

2018年
2018年
2018年
2019年
2019年
2020年