• ¥600

発行者による作品情報

芽野史郎は全力で京都を疾走していた――無二の親友との約束を守「らない」ために!(「走れメロス」) 表題作の他、近代文学の傑作四篇が、全く違う魅力をまとい現代京都で生まれ変わる! こじらせすぎた青春は、こんなにも阿呆らしく、そして気高い!! 滑稽の頂点をきわめた、歴史的短編集!

ジャンル
小説/文学
発売日
2015
8月25日
言語
JA
日本語
ページ数
180
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
2.1
MB

カスタマーレビュー

匿名765<

良作すぎる

個人的に『桜の森の満開の下』と『藪の中』が好きだった

森見登美彦の他のブック