発行者による作品情報

この本は明治と昭和期の日本の詩人、萩原朔太郎によって書かれた。退屈な旅に終わりを告げて、見つけたのは夢と現実の境界線を利用した不思議な旅であった。もの思いにふけりながら散歩する詩人が踏み込んだ、猫町の幻影が散文詩風に描かれている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1999
5月17日
言語
JA
日本語
ページ数
19
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
21.9
KB

萩原朔太郎の他のブック