• ¥880

発行者による作品情報

真田昌幸・幸村のために関ヶ原の決戦に間に合えなかった徳川秀忠は、家康から痛烈な叱責をうける。家康は真田父子に切腹を申しつける決意でいたのだが、真田信幸の舅で徳川家譜代の重臣・本多忠勝の戦も辞さぬ助命嘆願に屈して紀州九度山に蟄居させることとなる。わずかの家来だけをつれて九度山に移った父子は「関ヶ原の戦い」が再びおとずれる日を夢みて孤立した日々をおくる。

ジャンル
小説/文学
発売日
1987
12月23日
言語
JA
日本語
ページ数
381
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
5.5
MB

池波正太郎の他のブック

このシリーズの他のブック