• ¥540

発行者による作品情報

血の中を流れる罪を「ゆるす」といってくれる権威あるものをつかんだ陽子。感動の結末!

北海道大学に進学した陽子は、徹の友人・北原や札幌で知り合った順子らと、一見穏やかな日々を過ごすが、不義の子であるという自らの「罪」に悩み苦しむ。そんな陽子の前に、実の弟である達哉が現れる。達哉は異父姉とも知らずに、以後、陽子に近づき、母の秘密をかぎ出していく。そしてついに陽子が実母と顔を合わせる日がやってくる……。

1971年(昭和46年)にテレビドラマ化され話題を呼んだ。

「三浦綾子電子全集」付録として、夫・三浦光世氏による「創作秘話」などを収録!

ジャンル
小説/文学
発売日
1982
3月10日
言語
JA
日本語
ページ数
388
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
981.3
KB

三浦綾子の他のブック

このシリーズの他のブック