羅生‪門‬

    • 3.9 • 2.3K Ratings

Publisher Description

『羅生門』は、明治時代の日本の小説家芥川龍之介。本名同じ、号は澄江堂主人、俳号は我鬼。この作品は底本の「「芥川龍之介全集1」ちくま文庫、筑摩書房」では「日本の小説」としてまとめられている。

GENRE
Fiction & Literature
RELEASED
1919
November 2
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
11
Pages
PUBLISHER
Public Domain
SELLER
Public Domain
SIZE
1.8
MB

Customer Reviews

なおぴのりぴ ,

完璧な作品

女盗人も男盗人もお互いに生きるためにやった事。誰がその事に文句を言うだろう。

ボンボン👍 ,

わからん(。-_-。)

流石名作なんだ。
就算读了一遍中文译本,在熟悉的感觉下读原文还是在脑海里呈现出光怪陆离般的画面。还有,从右往左的竖排文字,这很古典🤔
最近ね (1年後の2023♡)授業のため再読,ことばがコワイって感想も生み出して深く考えなきゃと思う💦

ぷーまん井上 ,

学び

人のせいにしてしまうこと。
因果応報。
時制が悪いと人間も悪くなる。
以上3点学びました。

More Books by Ryunosuke Akutagawa

1922
1990
1999
1924
1928
2015

Customers Also Bought

1909
1906
1928
1992
1918
1993