• ¥490

発行者による作品情報

伊予は愛比売で、文字どおりいい女という意味である。ずいぶん粋な言葉を県名にしたものだと思うが、おそらく松山の教養人が『古事記』を披いて、その判断資料にしたのではないか……大洲から宇和島、そして土佐との国境を越えて山岳地帯を辿り、四万十川沿いの土地を歩く。

ジャンル
歴史
発売日
2008
11月30日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
朝日新聞出版
販売元
Asahi Shimbun Publications Inc.
サイズ
1.2
MB

司馬遼太郎の他のブック

このシリーズの他のブック