• ¥730

発行者による作品情報

櫛森秀一は湘南の高校に通う17歳。女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹との3人暮らし。その平和な家庭に、母が10年前に別れた男、曾根が現れた。曾根は秀一の家に居座って傍若無人に振る舞い、母の体のみならず妹にまで手を出そうとする。警察も法律も家族の幸せを取り返してはくれないことを知った秀一は決意した。自らの手で曾根を葬り去ることを……。完全犯罪に挑む少年の孤独な戦い。その哀切な心象風景を精妙な筆致で描き上げた、日本ミステリー史に残る感動の名作。

ジャンル
小説/文学
発売日
2002年
10月25日
言語
JA
日本語
ページ数
403
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
2.5
MB

カスタマーレビュー

mapmtgdrataigmap

最後まで止まらなかった

読みやすい文章で設定も引き込まれた
心情描写がとても上手い

血圧計を処理してたら
拓也に見られてなかったら
ポリ袋を砂浜に埋めずにロッカーに隠してたら
拓也がナイフを鞘に収めて来てたら

たらればだけど色々考えてしまう、あと最後の美術室で紀子に、あの告白も嘘だったのかって問われる場面があるけどそこは嘘ついてでもあれは本心だって言って欲しかったなと思った

テクノロジースタイル

読後感

物語後半から漂う空気感と、美しい街並みの風景描写が堪らなく切ない…

ポートレー

とても良かったです

主人公の心理描写がすごい伝わってきて、こっちも辛くなりました。

貴志祐介の他のブック