発行者による作品情報

(モネについて) 


クロード・モネ(Claude Monet, 1840年 - 1926年)は、印象派を代表するフランスの画家です。「印象派の「光や風景の動きや雰囲気をいかに絵の中に表現するか」という描き方に一番誠実でていねいに取り組み続けた画家と言っていいでしょう。 

モネは、印象派の代名詞とも言える存在で、1873年の作品「印象、日の出」はその象徴的な作品です。この作品でモネは、沈みゆく太陽を、そしてそこに溢れたおぼろげにただよう光の印象を、人間がこうも感ずることもできるという限界点で捉えました。 

また、1875年の「日傘をさす女性」や、「積みわら」の連作、「ルーアン大聖堂」の連作、そして特に有名な「睡蓮」の連作など、傑作は枚挙にいとまがないほどです。 


(この作品集について)


以下のように各作品には、詳細が記してあります。 


作品名(英語) Bridge in Argenteuil 

制作年代 1874年 

技法 キャンバス、油絵 

寸法 69 × 80 cm 

所蔵 ナショナル・ギャラリー(ワシントンD.C.) 


収録した作品は以下の通りです。 


1 アルジャントゥイユの橋 

2 ラ・グルヌイエール 

3 モントルグイユ街、1878年6月30日の祝日 

4 ル・アーブル、ルーエルの景色 

5 ヴェトゥイユの景色 

6 アルジャントゥイユのひなげし 

7 積みわら(夏の終わり) 

8 ヴェトゥイユの芸術家の庭 

9 ジヴェルニーの花のアーチ 

10 サンタンドレスの庭のジャンヌ=マルグリット・ルカドル 

11 日没の国会議事堂 

12 霧の中で輝く太陽(国会議事堂) 

13 ウォータールー橋 

14 陽を浴びるポプラ並木 

15 睡蓮1897-1899 

16 睡蓮1916 

17 散歩、日傘をさす女性 

18 死の床のカミーユ・モネ 

19 庭の女達 

20 日本の衣装を着たモネ夫人 

21 ルーアン大聖堂、正面入り口、褐色の調和 

22 ルーアン大聖堂、入り口とアルバーヌの鐘塔、充満する陽光 

23 エトルタの断崖 

24 印象、日の出 

25 たそがれのサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会 


*テーマ別に 162点の油彩画を集めた「クロード・モネ絵画集」も絶賛発売中です。 


(アートクラシックスについて)


アートクラシックスは、広く世界の古典絵画を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。


1、見やすいレイアウト

適切なレイアウトで、iPhoneはもちろん、iPadやMacでの鑑賞に最適化しました。また、絵画の一つ一つに索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。


2、解りやすく詳しい解説

解りやすく簡潔な解説をつけてあります。



3、美しい表紙

プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。画集と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。


4、スピーディーな改版

紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。


5、画像ファイルはダブルタップすることで、拡大して見ることができます。さらに拡大するにはピンチインします。また横長の画像は、iPhoneやiPadでは横向きで見ることで大きく見ることができます。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
2015
8月15日
言語
JA
日本語
ページ数
9
ページ
発行者
アートクラシックス
販売元
Junichiro Kozuma
サイズ
2.9
MB

カスタマーレビュー

misogi@ibaraki

解説付き画集

クロードモネの作品が解説付きで載っている画集。ページ数は少ないが、簡単に読めてよいです。

りんごチォリー

感動

美しい 絵ばかりでした

おでんです

楽しめました

色はすばらしく、ゆっくり見ていたいです。

クロード・モネの他のブック