• ¥1,400

発行者による作品情報

ソクラテスは国家の名において処刑された.それを契機としてプラトンは,師が説きつづけた正義の徳の実現には人間の魂の在り方だけでなく,国家そのものを原理的に問わねばならぬと考えるに至る.この課題の追求の末に提示されるのが,本書の中心テーゼをなすあの哲人統治の思想に他ならなかった.プラトン対話篇中の最高峰.

ジャンル
ノンフィクション
発売日
1979
4月16日
言語
JA
日本語
ページ数
407
ページ
発行者
岩波書店
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
3.1
MB

プラトン & 藤沢令夫の他のブック

このシリーズの他のブック