発行者による作品情報

大正時代の日本の芸術家、北大路魯山人。『夜寒に火を囲んで懐しい雑炊』は底本の「「魯山人の食卓」グルメ文庫、角川春樹事務所」では「文学・評論」としてまとめられている。本書で登場するのは、「牡蠣かき雑炊」「納豆雑炊なっとうぞうすい」「餅もち雑炊」「猪肉いのしし雑炊」「鳥肉雑炊とりぞうすい」「なめこ雑炊」「なめこ雑炊」「蟹かに雑炊」「焼き魚の雑炊」などが収録されています。初出は「朝日新聞」1939(昭和14)年。

ジャンル
料理/酒
発売日
1943
1月2日
言語
JA
日本語
ページ数
6
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
16.3
KB

北大路魯山人の他のブック