発行者による作品情報

『鍋料理の話』は、日本の芸術家、北大路魯山人。この作品は底本の「「魯山人の食卓」グルメ文庫、角川春樹事務所 」作品社 」では「文学・評論」としてまとめられている。初出は「星岡」1932(昭和9)年。

ジャンル
料理/酒
発売日
1938
1月2日
言語
JA
日本語
ページ数
6
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
10.2
KB

カスタマーレビュー

ミズタニ

鍋料理の話

魯山人の鍋の理屈は理にかなっている。参考になった。

北大路魯山人の他のブック