• ¥200

発行者による作品情報

●プロのナレーターによる朗読音声付書籍


「先生と私」「両親と私」「先生と遺書」の三部からなる、夏目漱石の長編小説。


※「先生と私」「両親と私」収録


拭い去れない過去の罪悪感を背負ったまま、世間の目から隠れるように暮らす“先生”と“私”との交流を通して、人の「こころ」の奥底を、漱石が鋭い洞察と筆力によって描いた不朽の名作!


学生だった私は鎌倉の海岸で“先生”に出会い、その超然とした姿に強く惹かれていく。しかし、交流を深めていく中で、“先生”の過去が触れてはいけない暗部として引っかかり続ける。他人を信用できず、自分自身さえも信用できなくなった“先生”に対し、私はその過去を問う。そしてその答えを“先生”は遺書という形によって明らかにする。遺された手紙には、罪の意識により自己否定に生きてきた“先生”の苦悩が克明に記されていた。


己の人生に向き合い、誠実であろうとすればするほど、苦しみは深くなり、自分自身を許すことができなくなる…。過去に縛られ、悔やみ、激しい葛藤のなかで身動きのとれなくなった“先生”の人生の様はあなたに何を訴えかけるだろうか。人は弱いものなのか…、シンプルでもありまた不可解でもある人の「こころ」のありようを夏目漱石が問いかける。


人はどのように救われるのか…!?

ジャンル
小説/文学
発売日
2013
10月8日
言語
JA
日本語
ページ数
136
ページ
発行者
パンローリング株式会社
販売元
Pan Rolling Inc.
サイズ
107.8
MB

夏目漱石の他のブック