• ¥390

発行者による作品情報

出稼ぎに出たきり戻らぬ父を尋ねて、ひとり東京に着いたキワ、自分は電気仕掛けで動くのだと頑なに信じる少年・作次、晴れ着を着て父親とメリー・ゴー・ラウンドに乗るチサ――。危ういバランスをとりつつ、生と死の深淵を覗き見る子供たち。この、人生の小さな冒険家たちの、様々な死とのたわむれを、清冽な抒情と澄んだユーモアを重ね合せて描く「接吻」「睡蓮」「厄落し」「星夜」「初秋」「ロボット」「遠出」「遊び」「出刃」など12編。著者会心の連作短編集。

ジャンル
小説/文学
発売日
1984年
1月1日
言語
JA
日本語
ページ数
148
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
839
KB

三浦哲郎の他のブック