• ¥460

発行者による作品情報

藪の中で踏んでしまった蛇が女になり、わたしの部屋に棲みついた。夜うちに帰ると「あなたのお母さんよ」と料理を作り、ビールを冷やして待っている──「蛇を踏む」。うちの家族はよく消えるが、上の兄が縁組した家族はよく縮む──「消える」。背中が痒いと思ったら、夜が少しばかり食い込んでいるのだった──「惜夜記(あたらよき)」。神話の骨太な想像力とおとぎ話のあどけない官能性を持った川上弘美の魅力を、初期作ならではの濃さで堪能できる、極上の「うそばなし」3篇。

ジャンル
小説/文学
発売日
1999
8月10日
言語
JA
日本語
ページ数
117
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
825.1
KB

カスタマーレビュー

Wx00000g

面白い

何度も読んでも面白い濃い本です。
幾つか物語があるけれどどれも好きです

川上弘美の他のブック