銭形平次捕物‪控‬

発行者による作品情報

巾着切(きんちゃくきり=すり)に三百八十両という大金を取られてしまい、両国橋から身投げしようとした横山町の大店「増屋」の養子・徳之助とその恋人・お富を間一髪で助けた銭形平次。もと巾着切だったお富の父親・彦兵衛の話から、下手人は描き菊石(あばた)の東作という兇賊であることが判明する。大金を取り返すため、悪党仲間であった東作と交渉する彦兵衛だが…。「金を抜いて娘をくれと抜かしやがったな。手前(てめえ)は江戸の巾着切の面汚しだ。弁天様のやうな娘を、そんなモモンガアの餌にしてたまるものか。少しは目が覚めたか、馬鹿野郎ッ」。愛娘のために一世一代の働きをする彦兵衛が本当に格好いい。感動。人気捕物小説の一編。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015年
4月11日
言語
JA
日本語
ページ数
24
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
70.9
KB

野村 胡堂の他のブック

2015年
2015年
2015年
2015年
2015年
2015年

カスタマーはこんな商品も購入

2015年
2015年
2015年
2015年
2015年
2015年