「額の男」を讀‪む‬

    • 2.0 • 1件の評価

発行者による作品情報

『「額の男」を讀む』は、日本の小説家、評論家、英文学者夏目漱石。本名、金之助(きんのすけ)。この作品は底本の「「漱石全集 第十一卷 評論 雜篇」岩波書店」では「文学・評論」としてまとめられている。初出は「大阪朝日新聞」1909(明治42)年9月5日。

ジャンル
小説/文学
発売日
1913年
9月5日
言語
JA
日本語
ページ数
6
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
10.1
KB

夏目漱石の他のブック

1918年
1909年
1906年
1992年
1998年
1912年

カスタマーはこんな商品も購入

1947年
1938年
1940年
1944年
1998年
1946年